スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイート/スイート/サマー

自己愛と攻撃性は一卵性双生児 殴る人はいつもいつもとても醜い 自らを 省みろ わたくし



今日は森ノベライズのトーマの心臓の発売日なので既に楽しみ過ぎて死んじゃいそう という言葉で 楽しみ度合いを過度に演出してみたよ 死にはしないし死にそうになってもいないよ



temushi.jpg


mushi.jpg




ミドリのツーマンツアー どしようかな 考えてる 東京にも 大阪にも 来ない 捻くれ具合 大好き でも さいたまも 水戸も とおい 観光 兼ねて 岩手 行こかな と ちょっと おもってる けど どしようかな チケ代 より も 遠征代 のが 高いよ ぷー 時雨と 座禅が 出る リキッド5周年アニバーサリーライブ は なにがなんでも ゆきたいところ リキッド大好き 時雨好き 座禅好き 明日勝負に勝てるかしらん らんらんらん



きのう 実家 から 電話 が きた ので すこし おしゃべり 福岡 には 結局 ゆかない こと に なりそう



しちがつが おわるよ スイート スイート サマー


♪♪
♪♪♪
。.:*:・'゚。.:*:・'゚。☆'・:*:.。♪♪♪♪♪。.:*:・'☆。.:*:・'゚。.:*:・'゚。
スポンサーサイト

おがくずのような夏

夏ばてたら痩せる気がするので夏ばてたいけれどあたしは今日も朝からそうめん超食べてる。トマトときゅうりとオクラともやしとほうれん草となすびを乗っけて超食べてる。てゆうか本当は夏ばてたら痩せるのではなくやつれるのであって、それはいくないことで、夏ばてたら脂肪でなく筋肉が落ちるのだからにして本当は夏ばてない方がいいってことを実はあたし知ってる。だから朝からそうめん超食べてく。そうめん超食べて自転車を漕ぐと気持ちがいい、と言える主体になりたいな。うそだけど。本当は気持ちなんか全然よくなくって、太陽がガンガン、うんざりで、あの子は本当に自己主張がつよくって、あたしの皮膚を焼いちゃうし、あたしの体内の水分を誘惑して外界に連れ出そうとしちゃうので、たいへんにこまる。そして私が太陽に困ろうと困らなかろうと自転車のタイヤの空気は毎日少しずつ減っていく。おむすび。

 *

桜井さんがローストチキンのようにひどいことを書いているので朝から気が滅入る。桜井さんなんか禿げちゃえと思ったけれどと書いてみたけれど本当は別に全然禿げちゃえなんて思ってない。桜井さんの頭髪はたぶんあたしの人生に関係がない。関係できるのなら関係したいけれど。というように望むところから始めるコミットメント。でもやっぱりコミットメントなんて、その言葉すら第一、きらいなんだよ。でもきちんとしなくちゃ。なにを?

>自分のスタイルのようなものを見つけている書き手をすごいと思う。だけれど俺は、「そのスタイルが他者にとっておもしろくないとしたら、そのスタイルを洗練していったとしてもどうにもならないんじゃないか」と思う。「そしてそのスタイルに固執しているひとはとてもあわれに見えてしまうかもしれない」とも思う。しかしそれと同時に「いつまでたってもスタイルを定着しようとしない・させない・できない、そのやりかたはばかだよ。けっきょくおまえには何も書けはしないってことだよ。おまえは誰でもないってことだよ」とも思う。

あたしはパラジャーノフもゴダールも柴崎友香もわかんないけど高橋源一郎と村上春樹と舞城王太郎なら確かに名前が書いてなくても分かる。そしてあたしの文章って匿名だ。にちゃんねるより匿名だ。うっふふ、笑える。大!爆!笑!

 *

作業の進行が思ったよりもスムーズにいっているので、もしかしたら七日より早く夏休みに入れるかもしれない。七日以前に休みに入れたら、夜行バスだのなんだの言っていないで新幹線か飛行機にでも乗って福岡に行ってしまおうかなと考えている。今のところ反対をしてくるのはお財布だけ。とても強い実際的な力を持っている彼は、しかし、私の中で地位が低い。可哀相だ。そして彼の地位が低いせいで私の貯金は毎年微々たる量ずつしか増えない。可哀相だ、私が。

 *

今日は毛布をクリーニングに出す、ぜったい!くさい!

おいしい犬の食べ方

今日の晩ご飯はつけ麺になる予定。毛布をクリーニングに出したい。通り雨がざらざら降るのは本当に夏。昨日はずっと中島みゆき聴いてた。休みになったら即実家に帰ることになりそう。私の部屋は有り得ないくらい蒸すので夏休み中は実家に退避した方が賢いかもしれない。千葉の田舎はわりあい涼しい。好きな先輩が急な人事で転出。すごくかなしい。最近腰が妙に痛い。鏡を見るたびに日焼けしたなと思う。いやだな。昼休みに更衣室に引っ込むたびにファンデーションがよれてる。絵に描いたように本当に夏。もしかしたら本当に絵かもしれない。という言葉はちょっと面白いかなと思ったけれど全然面白くなかった。

彼に嫌悪感を抱く理由がやっと分かった。彼はテレビに、週刊誌にとてもよく似ている。他者を恣意的に切り取り恣意的に並び替える。恣意的に歪める。多くの場合文章は切り取られ並び替えられた時点で内包していた意味の一切を喪失する。よほど精密に言葉を汲み取ろうとしなければ切り取りと組み替えは殺戮に等しい。虫食いのアナグラムはただの侮辱であり陵辱だ。彼はジャーナリズムのように浅ましい。そしてジャーナリズムのように自らの正当性を確信している。

吐き気がする。

烏賊を食べる

なんで私あんなことしたんだろう、と疑問に思い、しかしよくよく考えてみればあれは阿修羅ガールの模倣なのだった。私は常に誰かの猿真似をしている。シェイクスピアの時代に物語の雛型は出尽くした。であるのならば、私の生活は全て、もはや誰かが語った物語の踏襲に過ぎない。

少し前に、優しいことを言ってくれる人を殴った。いつもそれだ。でもだってあの人は優しい言葉と素晴らしい言葉をくれたけれどしかし私を誉めてくれているわけじゃない。そんなことは知っている。彼女私を通して違うものを見ている。それは私をひどく惨めにさせる。そしてまた人を殴る。繰り返し。全部リプレイ。あたしの話をしてくれる人にならあたし撫でられても殴られてもいいよ。それだけだよ。でもあの人たちはわざわざあたしの骨を使って自分のことばかりを喋る。だったらあなたの骨を使えばいいんだ。わざわざあたしの皮膚を切開して、肉を抉って、骨を取り出したりせずに。

例えばここで書いた殴るという表現を額面通り物理的な暴力として捉えるような人になんと言われたって私は全然気にならないんだ。どうだっていいしなんだっていい。ただ日常が消費されるだけだ。誰かの語った物語が消費されるだけ。下らないね、下らない。アーモンドみたいに下らないよ。私を定義するのは私だけでいいし誰も私を評価するな。この言葉の本意だって私は、誰に伝わる可能性すらひとつも、信じていない。誰も彼も言語が違う。ならばそれは、いっそ救いだよね。そんな風に思う。

クリオネの頭蓋

昨日は間違いなく飲み過ぎ。コロナ一本飲んでワイン一本飲んでウイスキーダブルで四杯飲んでテキーラサンライズ飲んでモヒート飲んでホットミルクにラム混ぜたの飲んで最後にコーヒー飲んだ。食べたものはもろきゅうと納豆と野菜の生春巻き。う~んこれは酔うよね!でも家に帰ったのは二十一時できちんとお風呂に入って着替えて眠って今日の五時半にはちゃんと起床した。お酒でくらくらということもなく清清しいお目覚め。さっき昨日までの残務処理が終わってほっと一息をついているところ。もう夏休みたい。今日早めに帰れたら池袋に行きたいな。行けるかな。

ホリー・ガーデンを読み終わったはずなのに酔っ払っていたのでまったく記憶に残っていない。ので読み直す。読み直しだけれど初見と変わらない。「昼間に会いたいともだちがいる」というくだりがすごく好きだなって思った記憶はある。たぶん三十七ページ。違ったらやだな。

あめいろのうぶごえ

ブックオフで、江國香織のホリー・ガーデンとぼくの小鳥ちゃん、それから安部公房の他人の顔を買った。いまスナッグでバランタインとお水を飲みながら読んでる。大きな仕事が終わったから、そのお祝いだ。肉の抉れた彼はしかしやりきった。嘘みたいな立派さ、彼はえらい。

 *

ペンギン・カフェ・オーケストラはだいすき。

 *

あれ、やっぱり長谷川屋でいいの、歌舞伎ぜんぜんわかんない。

 *

生まれたくなかった、生まれたくなかった、融解したあたしを懐かしみ、凝固しながら歌うよ。
雨色の産声、飴色の産声、あめいろのうぶごえ、融解したあたしを。

地元はお祭り

○ラブレターズを観てきた。座席の座り心地がものすごく良かったさすが銀座。他を観ていないので比較のしようがないけど良かった。朗読好き。ド恋愛ものを想像していましたし実際ド恋愛ものでしたがそこまで昼メロ的ではなかったです。ドロドロではあったけれど。いや内容的には昼メロ的なのだけれどやっぱり、朗読というスタイルのせいかな、不愉快なねっとりさはなかった。遠山さんが後半へいくにつれ鬼気迫っていって怖かった。最後照明がゆっくり落ちていくのだけれど、ふと気がつくと僅かに、しかし確実に暗くなっていて、それが悲しくて良かった。

○今日は稲毛でルナティックやってる。LGとオーラルヴァンパイア出るから物凄く行きたかったし行くつもりだったのだけれど明日仕事四時からだからやめた。かなしい。

○BUNKAMURAの騙し絵展にまだ行ってない。また例のうだうだしていたら終わっていたパターンになるのかなやだなただ行けばいいだけなのだけれど。庭園美術館の刺繍の展示はもう始まっているのかな。今日はどこか行こうと思っていたけれどラブレターズが予想以上に重かったのでそういう気にならない。家帰って寝る。

○地元はお祭り。朝あったこども神輿が帰ってきたらなくなってる。どこかに担がれていったんだろう。いずれにしても、私の生活には関係がない。

好きな人ができました

いや前からいるんだけどねたくさん。

○昨日の日食は曇っていて見えなくて、私は見たかったのに、見られなくて、だからただひたすらに仕事に影響して迷惑なだけでした。見られたらその迷惑もすっ飛んでしまうのだけれど見られなかったから迷惑だけが残る。日食が起こると私たちの仕事はたいそう面倒なことになる。毛先が赤いねと言われたのでそろそろ黒染めの時期。毎日被る塩素は衛生的。衛生的過ぎて不潔。

○リーダー、雨です。

○今日はJCB。楽しみ。JCBホールは実は行ったことがないのだけれど、周りの人にどうかと尋ねてみると、ほとんどの人が好意的に評価するのでとても楽しみ。グライダーがきっと聞けるのだろうなと思って、朝からずっと、カルピスが飲みたいなあ。これで聞けなかったらすごくかなしい、けれど本編のセトリには地方毎の変化はないようなのできっと聞けるはず。楽しみ。アンコ曲が毎回変わっているようなので、東京ではなにをやってくれるのかも、楽しみ。浜松のリラの樹がすごく羨ましい。ラストがいまのところ、Ghostかクリームのどちらからしいのだけれど、これはちょっと、どちらも好き過ぎて、どちらがいいか、選べない。Ghostで暴れきって終了もすごく楽しいし、クリームで遊びきって終了もすごく楽しい。だからどっちでもいいや。そして個人的にはすごく雨ニ唄エバを聴きたいのだけれど今回のセトリはパペショ×ウツセミ×ネガポジ+α といった感じなので、たぶん、トロイメライの曲はそんなにやらないの気がするのでたぶん無理だろうなあ。
今回のツアーはリセットやらないみたい。リセット大好きだから聴きたいけれど、今やられると、ぶっちをリセットされてしまったような気持ちになってきっと悲しくなるので、だから、やらないことが少し嬉しかったりして複雑な心持ち。ああ~今回はアンコで海月人気の高い過去曲をやってくれているので、本当、楽しみ、個人的には、エーテルか十字路かトレモロ収録曲かHelloを聴きたいです。

○ゼリーとコーヒーと春雨と素麺だけで生きていたい。この欲求はつまり夏だということ。

○午後仕事して、夜遊んで、明日仕事して、朝まで頑張ったら、日曜日はお休み。惰眠と美術館とライブ。月曜日仕事して、火曜日仕事して、水曜日仕事したら、忙しい日程は終わり。あとは粛粛と通常業務を八月の二週目までこなしたら、なつやすみ。ぼちぼち頑張ろうと思う。

○腕力が落ちた。

少し休憩

昨日の日記を読み返してなんでこの人こんなに落ち込んでいるのだろうかと思って引く。

今日は雨だったから電車で出勤したのだけれど始発は眠っている人が多くて面白い。眠り方すら人それぞれ。私はといえば昨日帰ってからすぐ眠れば良かったのになぜか半身浴など始めてしまったので結局眠ったのが一時半、睡眠三時間で世の忙しい人は毎日きっとこんな、もしくはこれ以下の睡眠時間なのだろうけれど惰眠大好き派としては全然足りなく、もしスキルがあればぜひとも電車の中で眠りたいのだけれど、私は電車の中で眠ると確実に降りる駅を通り過ぎるので眠れない。みんな眠っているけれどなぜか自分の降りる駅(と思われる駅)ではきちんと起きて降りているのですごい。これでみんな本当は自分の降りる駅で降りられていなくてそれでもそれを悟られたくなくて粛粛と違う駅に降りて反対側のホームへ真っ直ぐ歩いていくのだったらもっと面白いのになあと思うけれどたぶんそんなことはない。以前友達に「どうして降りる駅で降りられるの」と訊いた事があるけれど、答えは「なんとなく起きられる」と「携帯のバイブで起きる」が半々くらいだった。なんとなく起きられないし携帯のバイブでは起きられない私はやっぱり起きているしかない。このスキルは果たして生まれつきなのか訓練の結果得られたものなのかと疑問に思う。私も練習したらできるのかな。

コスメポーチを変えたい。

続きを読む

続きを読む

海月に海月を投げつけるな

久しぶりの雨だと思ったら今日はプラ夏ツアー初日でしたね、さすが雨神様、どんなに夏真っ盛りの晴れ続きでもプライブに雨を連れてくることは忘れないのですね、そんなリーダーが大好きです。JCBも雨だといいな。雨は嫌いだけどプライブで雨だとテンションがあがります不思議。JCBは親切な方によい席を譲っていただけたのでとても楽しみ。

20090717154743.jpg
海月を投げつけられた。ぬう。

TANK BOYS&GIRLS@新宿WildSideTokyo

20090718Sat
TANK BOYS&GIRLS
新宿Wild Side Tokyo
open18:00 / start18:30
\2,300

ザ・馬鹿河童カヴァ・バンド
crouch start
AIRMAIL
Liberation Gate #0
lastsecond

SE~Prelude in C
Debacle or Resurrect
BLIND
F.I.N.D
Field
EGO
Dandelion

続きを読む

私のためのお線香は蚊取り線香

あついですね。地獄の夏本番がやってきましたね。地獄の、夏本番、ではなくて、地獄の夏、本番、です。帰れなかったり汗すごくかいたり誰か死んだり行方不明になったりしないかって四六時中気を張っていなくちゃいけなかったりする季節。昨日は誰も死ななくてよかったね。ていうあたしの台詞をオーバーだと思うあなたのせいであたしは四六時中気を張ってなくちゃいけない。君わけわかってないんだからあたくしのリコメンド聞けよ~ていうか聞かせるけどな!本気で!ああもうきょうもこわい。危険なことを理解していない人が本当にこわいのでやんなる。少しはわけ分かってる人がお手伝いに来て欲しいと思う。そんなわけでしばらく日記おちしたりするかもだけどあんまり気にしないでね。それにしても地獄の夏、本番、だけれど今年はきちんと週末お休みなので平日きちんと、がんばれるわ。

続きを読む

ぺこちゃん

人を好きになるとか嫌いになるとかそういうことがよくわかんねえな、その人の中にある多数の性質のうちひとつひとつを好きになったり嫌いになったりすることは理解できるけれど、人を丸ごと好きになったり嫌いになったりすることがよくわかんねえな、「あの人が好き」「この人が嫌い」という線引きは私の中にも存在するけれど「あの人が好き」だけど「あの人の中のこの部分は嫌い」ということは存在し得て、そしてそのことを言えば「私はあの人が嫌い」とわりあい判断されるように思い、なんだかわけがわからなくなる。好きになるとか嫌いになるとかってなんだ。「ああこの人とはどれだけ言葉を尽くしたって絶対に分かり合えないしなにひとつ共有することはできない」「言語が異なる」という確信を得ることならわかるけれどでもそれは好悪とはもはや関係がない。座標が異なるどころか次元が異なるから関わることができない。そういうことなら分かるけれど人を好きになるとか嫌いになるとか、私はほんとそういうことがよくわかんねえな。あたしはあの子のあそこが大嫌いだ。でもあたしはあの子が大好きだ。でもそういうことを言うと怒られたり落ち込まれたりするから貝のように沈黙するしかない。関係ないけど貝のように沈黙という表現は本当にありきたりなので私はこんな表現をしたことにうんざりしたりするけれどそれは本当に関係がないよね。唯一理解できるとすれば私を嫌いになる人の気持ちならたぶん三割程度は理解できると思う(三割て人が他者を理解できる最大限の割合だと私はそう思っている)そして私を好きになる人の気持ちはまるで理解できない。私の内部のある要素が好きだとか嫌いだとかそういうことなら分かるけど。自分の意思あるいは意志を丸投げすることはこわくねえのかな。好きという感情をすっぽり丸投げして人を覆いつくすことは怖くねえのかな。嫌いという感情をすっぽり丸投げして人を覆いつくすことは怖くねえのかな。その評価が自分の手足から離れて誰かが誰かに私の評価を手渡しすることは本当に怖くねえのかな。私の評価が私と関係ないところへ伝播していくことは本当に怖くねえのかな。全然関係ないけど私がレズビアンだったらあの子に恋愛できるのになと思ってすごくかなしい。でも私はレズビアンではないのであの子に恋愛できないしだからそんな感情に価値はないので今日はちょうど燃えるゴミの日だから廃棄。意味ないな。いろいろ意味ない。私は彼女が好きだけどたぶんその言葉に価値はないしその感情にも価値はない。私が選択する言葉が無様すぎる。私が選択する言葉はありとあらゆる前提を覆すと思うし、それは本当に怖いことで、私は前提を大事に大事に守っていたいのにたぶん私の発する言葉はあらゆる前提を駆逐する。好きなんだけど。でも私が嫌悪した一点が前提を駆逐するんだろうな。それはすごく怖いことだけど私の選択する言葉があんまりにも無様で下手糞で汚いからそれはどうしようもないのかもしれない。要するにそれは甘えなんだな。世の中の人はフォローがうまいけれど私はそれがへたくそでむしろその行為の存在すら忘れてしまうからいつも分からない。人を好きになるとか嫌いになるとかそういうことがよくわかんねえな。どうして零と百しかないんだ。そして百は無謬なのか。そんな気持ち悪いものは私欲しくない。あたしずっと無謬のかみさまをほしがったことなんてなかった。でも零と百しかないし零は限りなく零だし百は限りなく百だ。社会的に会話の前提とされているものはそれだ。だから一点の批判は人格否定になりかねないんだそれを私はどうして考えてこなかったんだろう、と、思ってる。安易に口を開くべきじゃない。安易に口を開くべきじゃない。安易に口を開くべきじゃない。安易に口を開くべきじゃない。どうせ一生ひとりで生きていくんだからもういいだろう。私が誰かを好きになることと私が誰かを好きだと言うことと私が誰かを好きであることを私が誰かに伝えることと私が誰かを好きであることを誰かが誰かに伝えることは全部違う。でもその差異は社会において限りなくゼロに近い。そしてその差異のなさがおそろしいのであれば安易に口を開くべきじゃない。全部過ぎ去ってゆくものだ。それは仕様がない。私が選んだ。今更なんだ。なにが伝われば嬉しかったんだ。なにが伝わると思っているんだ。なにを信仰しているんだ。あるいはなにを信仰していないんだ。それはすべて私にしか関係がない。あるいはもしかしたら私にすら関係がない。存在論的懐疑がなんなんだろうなあ。言葉と意志が人にとって救いになるとすれば、しかし、その救いは確実に個々の内部に発生するものであって、そしてそのひとつひとつの救いは決して連帯されることはない。救いが連帯されるとすれば、それは錯覚に過ぎない。ああ糞同じことばかり繰り返してる。要は私はあの子が好きなんだな。でも伝わりゃしねえな。でもそれが今更なんだっていうんだ。お前が選んだんだろ。ぺっぺっ。どうでもいいんだけどさあたし今日の朝ごはんコンビニのヨーグルトだったのね。あたし大食らいだから基本そんなんじゃおなかたまんないんだけどお昼になってもおなかが空かないということはこれつまり夏が来たてことだと解釈してオッケイなのよね。うあ~あつい!

続きを読む

続きを読む

SHADOWS昨日フラゲしたよ

20090708104835
昨日はヘヴンにかかりきりで聴いてなかったので今聴いてる。てゆうかジャケットほんと格好いい!あさぬすげえええ!ちなみに今は二曲目のADORE聴いてるとこだけど新録になってるよ!超イケイケになってるよ\(^o^)/葉月の「ハッハー」がライブのときに近くなってるよ!シングルのも好きだけどこのアルバムのもいーなーしかしどれだけ新しく録っても「DIVE!DIVE!DIVE!」は「やーいやーいやーい!」なのな\(^o^)/

 *

ちゃんと聴いた。今のところ「最高傑作」という言葉が相応しいアルバムだとはあまり思えないな。
いつものlynch.で、新しいところも開きつつ、悪くはないのだけれど、悪くはないだけでずば抜けていいってところがあんまりない。CULTIC MY EXECUTIONはすごくいいと思うけれど、今のところ突き抜けていいなと思えた曲はそれだけかな。ライブで何回も聴いちゃってる曲が多いから、そう感じるのかもしれないけれど、いまいち新鮮味がない。
聞き込めば感想も変わるかもしれないので、しばらくエンドレスリピートします。

ひゃく いち ぺーじ

20090707193704
あたしは 百瀬の言葉に 堪えきれないような 嫌悪感を感じている それって あたしが いつも 彼とおんなしことを 言って いる から だ

ぐんぞう

20090707175538
未映子さんの長編が掲載されているのは新潮じゃあなくて群像だった。今日は早く上がれたので十六時に本屋さんに駆け込んだら、今日発売にも関わらず残り一冊になっていた。残り一冊を私は買った。ヘヴン。私は彼女の詩とエッセイが好きなのであって、小説は決して好きではないと思っていたけれど、いま、たったの二十五ページを読んだだけなのに、こんなにもやるせない。こんなにもやるせない。

泥棒さんが好きです

私の好きな人たちはみんな私のお金を毟り取っていくので困る。未映子さんが新潮に寄稿しちゃうから私は新潮を買わなくちゃいけないし、三角さんが詩手帖に寄稿しちゃうから私は詩手帖を買わなくちゃいけないし、lynch.が新しいアルバムを出しちゃうから私はアルバムを買わなくちゃいけない。私の好きな人たちはみんな泥棒。私の好きな人たちはみんな私のお金を毟り取っていくので困る。

今日のおだい:おかねに記名しておけば、誰かの手に渡ったあとでも、所有権を主張できるか?

おかね、の部分ににんげんの名前をいれてもいいです。

続きを読む

風船のように破裂するよ

ライブ行きたい。ライブ行きたいライブ行きたいライブ行きたい。ガンガンに暴れられるライブ行きたい。欲を言えばなんでもいい訳ではなくてlynch.ライブに行きたいけれど八日のチケットは取ってないし一番近いので八月二十六日のELLしかも行けるか行けないかまだ分からないから本当に欲求不満、プライブは楽しいけど鬱憤は晴らせなくって、だいたいそのプライブだって二十四日までお預けだし本当にライブ行きたいライブ行きたいライブ行きたい!十三日のLGまできちんと破裂しないで待てるかどうか分かんない、今行きたいすぐ行きたいああライブ行きたい仕事したくない!ライブに行きたい!てゆうか本当明後日のlynch.行きたい行きたい、リキッド大好きなのにあたし!どうして取らなかったんだ畜生!七月もへったくれも関係ないよ、次の日朝早いとか関係ないよ、土日休みがないとか関係ないよ、ただひたすらにlynch.のライブに行きたいんだ!あーlynch.不足。てゆうかなんで私エレ片フェスなんて取っちゃったんだろどう考えても面白くないと思うんだよね、絶対客層アレだと思うし今更取ってから言うけどそこまで楽しくないと思うんだよね、むしろ都会の迷子さん2周年SP企画第2弾に行きたいよね、どうしよう、もうあっち行こうか絶対にあっちの方が楽しいものどうしよう、きけちゃれ!が心残りといえば心残りだけどどう考えても色物で愉快といえば愉快だろうけどよくよく考えたら私いわゆるお笑い的な大騒ぎて基本的に苦手でこういうこと言うとこれだからラヲタは(笑)て言われるけどでもそうなんだから仕様がないじゃないああもう絶対にまりこととっつぁん観てた方が私は楽しいからでも全然チケット捌けてないイベントじゃ譲渡もできるかわかんないしもうやだライブ行きたい、ライブ行きたいライブ行きたいライブ行きたい。スリードラムツーベースは面白そうだから行こう。

喋るきりん

忙しい。タイトル関係なし。まだ帰れないけれど二十二時までには家に着けそう。明日は午後出勤なので今日はお酒を飲む。冷蔵庫のナスとトマトとアスパラガスがヤバいのでガーリックオイルで炒めて白ワイン(これもヤバいそろそろワインビネガーになっていそう)ぶっこんでフェデリーニで食べよう。オクラと水菜とアボカドもヤバいのでサラダにして食べよう。西友で安いワインを買って帰ろう。あと、イワシが安かったら買おう。

さよなら三角また来た四角

ちょwケンケンて愛称じゃなかったのかwさ、佐藤ケンケン…なんて斬新な…
加入おめでとう、加入ありがとう、また四角になったプラが楽しみです。

愛こそすべて/みんな大好き積み木遊び

男の子がエロマンガを持ってきて、「これ俺の愛読書、えへえへ」と言う。一緒にいた年下の女の子は、「やだあ~変なの見せないでよお~」と真っ赤になっていてかわいい。男の子はそれを見て満足そうににやにやして更に執拗に女の子に薦めている。真っ赤な女の子。ああいう初々しい恥じらいという定形を求めているのだなあと思うと、中学生の男の子みたいでとってもかわいい。とってもかわいいし、糞だし、下劣だし、低俗だし、精神構造が家畜以下なので死ねばいいのになあと思う。かわいくて糞で下劣で低俗で精神構造が家畜以下なので死ねばいいのになあくすくす。しーね、しーね、こういう定形を要求し定形を要求され定形をブロックのように積み上げていく行為はどの年代においても等しく散見される国民的遊戯、園児も、若者も、働き盛りも、禿おやじも、みんな積み木遊びが大好きな無邪気さにくるまれて、かわいい。かわいい死ね。彼らはその積み木遊びをコミュニケーションと名付けている。世界はとても明快だし、無邪気に優しく、易しい。男の子はひとしきり定形のやりとりを楽しんだ後、宛名を変えただけのお手紙をあたしにも手渡してくれる。あたしは正しい文句のお手紙を渡すのがまったく面倒くさくって、読まずに食べた。へえ~そうなんだ見して~と言ってエロマンガを毟り取って読み始めると男の子呆然沈黙かわいい。あっはっはかわいい死ね。親友だと思っていた男の子に強姦されてショックを受けてでも熱烈な愛の告白を受けてあああれは愛故だったのねと女の子は納得して晴れて恋人同士になってらぶらぶせっくすをするというストーリー。かわいい死ね。ね~君これで勃つのと尋ねたら赤くなって口ごもってかわいい死ね今死ねすぐ死ね。エロマンガなんですけどこれは純愛なんすよと男の子は力説する。おれ愛のないエロマンガじゃ抜けないんす。やっぱり愛が大事なんです。男の子力説。さっき恥じらっていた女の子も純愛ならあたしもちょっと読みたいかな…と言ってあたしから受け取ったエロマンガを赤くなりながらぺらぺらと読んでた。かわいいやね。死ね。愛ばんざい、愛ばんざい、愛ばんざい、愛ばんざい。愛があれば全然、同意なく一方的に押し付けられる性行為も全然、愛があれば全然、問題は、ないよ。愛ばんざい。定形の男の子と定形の女の子。でも生活のすべてが定形なら、定形をコミュニケーションと呼ぶのなら、定形のセックスも、定形の愛情も、定形の送信もなにも、問題はないよね。積み木遊びの無邪気な宵です、みんなかわいいやね、死ね。みんなけっきょく、おにくがいとおしいだけなんでしょう、愛情というなまえの、おにく。ごきげんよう、死ね。私は積み木遊びを心の底から憎む。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。