FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質量

気分の上下はある。億劫だがそれはある。ある前提で管理規則を組む。下降したときに使用するパッチを事前に組み立てておく。あなたはこういうときに気分が落ち込みます。その落ち込み方をタイプAとします。その場合は対応するこのパッチA'をあてれば社会生活を営める程度に気分を整えることができます。用法用量を守ってご使用ください。
記憶には質量がある。現実に存在する特定の物質に記憶が被さって固定されることがある。たとえば黄色で塗られた各駅停車の総武線の車両に。たとえば直線になりきれない角度で歪んで正面に続かない環状七号線のゆるいカーブに。たとえば都立大学駅からめぐろパーシモンホールへ向かう途中にある目黒通りを渡るところどころ白の剥げた横断歩道に。記憶はたびたび音楽の形をとり、そしてそれは質量を伴う。耳元で記憶の音楽が再生されるたびに視界が狭まる粘土の高いドロリとした色が混ざりすぎて混迷したはっきりとしない黒に塗られて。ぼとぼと落下してくる涙型のペイントがディスプレイに張り付いてその部分を塗り潰す。ある程度の透明度はあって景色が真っ黒になることはない。ただ汚い。汚染されている。そして質量がある。べとりと張り付いた記憶が音が視覚が意識が、質量がある、重たくて視線は下を向く。地を舐める。地を舐める。地を舐める。地を舐める。
泥の味がする。道路にキスする。犬の糞が落ちている。重力に引きずられた頭を誰かの軽快なステップが足蹴にしていく。めり込んだ頭をめり込ませたまま移動する。道路に醜いレールが生まれる。奴隷のように畜生のように四つ足で進んで地を舐めている。記憶には質量がある。
知らない場所へ行きたい、記憶のない場所へ行きたい、耳元で音楽が鳴らない場所へ行きたい。記憶を捨てたい。過去の蓄積を捨てたい。なかったことになりたい。なかったことにしてください。生きていてよかったと思える瞬間を探して亡者のようにさまよっている。ときどき出会えるそれに縋って浅ましく呼吸している。それでも根本的な解決にはつながらない。あなたを正しくしてあげることはできない。生きていてよかったと思えても、生まれてきてよかったと思えたことはただの一度もない。

という気分には、パッチA'をあてる。
社会生活を営める程度に気分を整えることができます。
用法用量を守ってご使用ください。

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。